JOC理事会始まる 竹田会長 退任表明へ

JOC理事会始まる 竹田会長 退任表明へ
JOC=日本オリンピック委員会の理事会がさきほど午後3時すぎに都内で始まりました。
この中で東京オリンピックの招致をめぐる贈賄に関与した疑いでフランスの司法当局から調査を受けている竹田恒和会長が、ことし6月の任期いっぱいでの会長退任を表明することにしています。

小池都知事「けさ会長から連絡」

東京都の小池知事は記者団に対し、JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長の退任について、「けさ、竹田会長みずからご連絡いただき、きょうの理事会で退任のことについて述べられることをうかがった」と明らかにしました。

そのうえで、「長年にわたって、JOCを引っ張ってこられた竹田会長には、本当に感謝申し上げたい。日本のスポーツが2020年の大会を目指して大きく飛躍するためにも、長年築いてこられた功績をベースにしながら、さらにJOCの改革を進めるぐらいの大きな流れを作っていただければと思う」と述べました。

また、東京大会への影響については「竹田会長は、潔白を証明していきたいとおっしゃっていた。大会の機運にも関わる話なので、そのためにもご努力いただければと思う。東京都としても機運の醸成を妨げないようになすべきことをなしていきたい」と述べました。