トランプ大統領 拒否権発動 非常事態宣言終結決議に

アメリカのトランプ大統領は、国境沿いの壁を建設するために出した非常事態宣言を終結させる議会の決議に対して、就任後初めてとなる拒否権を発動しました。議会からの反発は避けられない見通しです。
メキシコとの国境沿いの壁の建設をめぐって、トランプ大統領は先月、非常事態を宣言して費用を捻出する方針を示しましたが、アメリカ議会は非常事態宣言を終結させる決議案を下院に続いて14日、上院でも可決しました。

これに対してトランプ大統領は15日、ホワイトハウスで「議会には決議を通す自由があり、私には拒否権を発動する義務がある」と述べ、大統領の就任後、初めてとなる拒否権を発動しました。

トランプ大統領としては来年の大統領選挙を見据え、公約に掲げている壁の建設の実現に向けて強気の姿勢を崩していません。

ただ議会下院だけではなく、与党・共和党が多数派の上院でも大統領の方針にノーを突きつけたにもかかわらず、翌日には拒否権を発動するトランプ大統領の手法に対して、議会からの反発は避けられない見通しで、今後の政権運営に影を落とす可能性もあります。

26日に議会下院で採決へ

トランプ大統領が、非常事態宣言を終結させる議会の決議に対し、拒否権を発動したことを受けて、野党・民主党のペロシ下院議長は15日、声明を出し、「議会上下両院は、トランプ大統領が不法に権力を掌握することを断固として拒否した。それにもかかわらず、トランプ大統領は憲法と議会、そしてアメリカ国民の意思を無視し続けることを選択した」として強く批判しました。

そのうえで、今月26日に議会下院でトランプ大統領の拒否権を覆すための採決を行う考えを明らかにしました。

ただ、拒否権を議会が覆すには上下両院で3分の2以上の賛成が必要で、その可能性は現時点では低いとみられています。