NZ銃乱射事件 容疑者が裁判所に出廷

NZ銃乱射事件 容疑者が裁判所に出廷
ニュージーランドでイスラム教の礼拝所が襲撃され49人が死亡した銃乱射事件で、日本時間の16日朝、殺人容疑で訴追された容疑者としてブレントン・タラント容疑者が現地の裁判所に出廷しました。ツイッターにはこの名前と同じアカウントから犯行声明とみられる文書が投稿されていました。
日本時間の15日午前、ニュージーランド南部のクライストチャーチの中心部にある2か所のモスクで男が銃を乱射し、合わせて49人が死亡、およそ50人が病院に搬送されました。

この事件で、警察は3人の身柄を拘束し、このうち、殺人の疑いで訴追されたオーストラリア出身で28歳のブレントン・タラント容疑者が日本時間の16日朝、逮捕理由の開示を受けるため現地の裁判所に出廷しました。

地元メディアによりますと、タラント容疑者は警察官に伴われて姿を現し、廷内では発言はなく、保釈も請求しなかったということです。

警察は、現場などから大量の武器や手製の爆弾が見つかったことから、計画的な犯行とみて、関係先を捜索しているほか、タラント容疑者のほかに拘束した2人についても、事件への関与を調べています。

事件の直前には、タラント容疑者と同じ名前でツイッターに犯行声明とみられる文書が投稿され、事件を2年前から計画していたことや、白人社会が移民に侵略されているとする考えなどがつづられていました。

アーダーン首相は日本時間の16日朝、記者会見し、タラント容疑者が、直近までクライストチャーチからおよそ300キロ離れたダニーデンに滞在し、免許も取得したうえで銃を購入していたことを明らかにしました。

そして、この事件を受けて、国内の銃規制を改める考えを強調するとともに、今後は、極右思想など極端な思想を持った人物についても捜査の対象として警戒を強めていく方針を示しました。

被害者 少なくとも6か国の出身者

ニュージーランドのアーダーン首相は16日午前中の会見の中で、銃乱射事件で死亡したり、けがをした被害者には少なくともパキスタン、トルコ、サウジアラビア、バングラデシュ、インドネシア、それにマレーシアの出身者が含まれていることを明らかにしました。