強制わいせつ容疑で逮捕の大林組社員 不起訴

強制わいせつ容疑で逮捕の大林組社員 不起訴
就職活動でOB訪問に来た女子大学生にわいせつな行為をしたとして逮捕された大手ゼネコン大林組の社員について、東京地方検察庁は不起訴にしました。
大手ゼネコン、大林組の27歳の社員は就職活動でOB訪問に来た20代の女子大学生をマンションの部屋に連れて行き、わいせつな行為をしたとして、先月、強制わいせつの疑いで警視庁に逮捕されました。

警視庁によりますと、調べに対して容疑を一部否認していたということです。

東京地方検察庁は15日付けで不起訴にしました。

不起訴の理由については明らかにしていませんが、捜査関係者によりますと、社員と女子大学生との間で示談が成立したということです。

大林組は「社員の処分について引き続き検討しています」とコメントしています。