官房長官 普天間基地移設先の3地区支援加速させる

官房長官 普天間基地移設先の3地区支援加速させる
沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画をめぐり、菅官房長官は移設先の区長らと面会し、「移設の影響を直接受ける地区であり、できるかぎり対応したい」として、下水道の整備など生活環境の改善に向けた支援を加速させる考えを伝えました。
菅官房長官は15日夕方、総理大臣官邸で普天間基地の移設先となっている名護市辺野古とその周辺の豊原、久志の合わせて3地区の区長と面会し、地元の振興策などについて意見を交わしました。

辺野古地区の嘉陽宗克区長は「辺野古への移設は条件付き容認という立場を堅持してきたが、近年、政府との交渉過程に住民から不満の声が出ている。われわれの要望の実現に向けた取り組みを加速してほしい」と述べました。

そして、道路や下水道など生活基盤の整備や、移設工事の住民生活への影響を最小限にすること、それに基地負担に見合った住民への補償などを求めました。

これに対し、菅官房長官は「移設の影響を直接受ける3つの区の皆様にはできるかぎりのことを対応させていただいているが、改めて関係省庁がしっかり連携して実現できるよう対応する」と述べ、支援を加速させる考えを伝えました。