体操の白井 村上が大学の卒業式出席「4年間で大きく成長」

体操の白井 村上が大学の卒業式出席「4年間で大きく成長」
k10011849531_201903151453_201903151457.mp4
体操のリオデジャネイロオリンピック金メダリスト、白井健三選手と去年の世界選手権で銀メダルを獲得した村上茉愛選手が大学の卒業式に臨み、「4年間で大きく成長できた」と大学生活を振り返りました。
白井選手はリオデジャネイロオリンピックの男子団体で金メダルを獲得し、去年の世界選手権でも3つのメダルを獲得しました。

また、村上選手も去年の世界選手権の女子個人総合で日本選手として初めて銀メダルを獲得し、ともに東京オリンピックでの活躍が期待されています。

15日は東京・世田谷区の日本体育大学で卒業式が行われ、白井選手と村上選手も出席しました。

式では村上選手が卒業生を代表してあいさつし、「4年間の大学生活では体操の練習だけでなく、心理学やコーチングの勉強を通して自分を大きく成長させられた。目標としている東京オリンピックでのメダル獲得に向け、大学で学んだことを忘れずに一日一日精進していきたい」と緊張した表情で意気込みを話しました。

また、村上選手などとともに大学で優れた成果を残したとして表彰された白井選手は受賞者を代表してあいさつし、「寮生活などを通して人間として大きく成長できた4年間だった。卒業後は大学院に進学し、体操の技術だけでなく研究などにも力をいれていきたい」と述べました。

白井選手と村上選手は、ともに卒業後も大学の施設で練習を続け、来年の東京オリンピックを目指します。