EU離脱「6月30日まで延期」 協定案可決が条件もめどたたず

EU離脱「6月30日まで延期」 協定案可決が条件もめどたたず
k10011849371_201903151321_201903151336.mp4
今月29日に迫ったEU=ヨーロッパ連合からの離脱についてイギリス議会は、条件付きで6月30日まで延期することを可決しました。ただ、その条件をはじめとしてイギリスにとっては乗り越えるべき難しい課題が多く、今後も予断を許さない状況が続きます。
今月29日に迫ったEU離脱の先行きが見通せない中、イギリス議会は14日、日本時間の15日未明、離脱を6月30日まで延期するかどうかの動議について採決を行い、賛成413、反対202で離脱の延期を可決しました。

イギリス議会は当初、賛成を412と発表していましたが、その後訂正しました。

EUに延期を求めるにあたっては、今月20日までに離脱の条件を定めた協定案を議会が可決することが条件になっていて、地元メディアはメイ首相が来週早々にも協定案の採決に踏み切る可能性があると伝えています。

ただ協定案は、これまで2度にわたって大差で否決されていて、議会で承認されるめどはたっていません。

もし、このままイギリス議会が離脱協定案を可決できなければ、イギリス政府は合意なき離脱以外の道として協定案の再交渉や第2の国民投票などさまざまな選択肢を検討せざるをえない状況も出てきます。

さらに延期にはイギリスを除くEUの27の加盟国が全会一致で同意する必要があり、来週、開かれるEU首脳会議に向けてイギリスは、すべての国の理解を得なくてはいけません。

イギリスにとっては乗り越えるべき難しい課題が多く、今後も予断を許さない状況が続きます。