近藤正臣さんら9人に放送文化賞

近藤正臣さんら9人に放送文化賞
k10011849361_201903151307_201903151313.mp4
今月22日の放送記念日を前に15日、記念の式典が開かれ、俳優の近藤正臣さんなど9人に放送文化賞が贈られました。
放送記念日は、94年前の大正14年3月22日に国内でラジオ放送が始まったのを記念する日です。

15日、東京・渋谷区のNHKホールで開かれた式典では、はじめにNHKの上田会長が「平成という時代が終わり、新しい時代がスタートすることしは、NHKにとっても“公共メディア”への進化に向けて重要な年です。信頼される『情報の社会的基盤』として公共的価値の実現を追求し続けてまいります」とあいさつしました。

続いて、来賓として出席した佐藤総務副大臣や衆議院総務委員会の江田委員長、日本民間放送連盟の大久保会長が祝辞を述べました。

このあと放送文化の向上や放送事業の発展に功績があった人たち9人に放送文化賞が贈られました。

ことしの受賞者は、
俳人の稲畑汀子さん、
東京大学名誉教授の伊福部達さん、
恵泉女学園大学学長の大日向雅美さん、
NHK交響楽団 正指揮者の尾高忠明さん、
俳優の近藤正臣さん、
作家で明治学院大学教授の高橋源一郎さん、
狂言師の野村萬さん、
志學館大学教授の原口泉さん、
兵庫県立大学大学院教授の室崎益輝さん。

以上の方々で、それぞれ賞状と記念のブロンズ像が贈られました。