EU離脱 英議会で延期可決 今後どうなる?

EU離脱 英議会で延期可決 今後どうなる?
イギリス議会は今月29日に迫るEU=ヨーロッパ連合からの離脱を6月30日まで延期することを可決しました。ただ、来週20日までに離脱の条件を定めた協定案が議会で可決されることが前提になっています。このためメイ首相はEUに延期を求める前にまずは議会に対して、これまで2度にわたって大差で否決された離脱協定案を3たび諮るとみられます。
ここで仮に可決され議会での承認が得られれば、イギリスはEUに延期を要請します。

EU各国は今月21日にベルギーのブリュッセルで開く首脳会議で対応を協議するものとみられ、来週の一連の動きが今後の焦点になります。

一方、協定案が20日までに承認されない場合、イギリスは6月30日を越える長期にわたって離脱を先延ばしする可能性があるとしています。

延期を決めたあと、どのようなプロセスをたどるかは全く定まっておらず、いずれも時間がかかるとみられるからです。

離脱の延期が長期間に及ぶ場合想定されるのは
▽現在の協定案を引き続き審議する
▽イギリス議会の承認に持ち込める別の協定案をまとめるためEUと再交渉する
▽新たな国民投票や総選挙を実施して離脱をこのまま進めるか改めて国民に問う
▽議会で離脱そのものの撤回を議論する
などです。

いずれのケースも議会の意見は大きく割れていて結論に至るのは難しいのが実情です。

離脱を先延ばししても何も決められなければ、結局はEUと何の取り決めもないまま離脱する「合意なき離脱」となる可能性も残されています。

そもそも、こうしたことはあくまでイギリス側の希望にすぎません。

どの程度延期するにしても、イギリスを除くEU加盟の27か国が全会一致で認めなければ離脱の延期は実現しません。

EUが延期を認めず、なおイギリスが離脱を撤回しない場合も「合意なき離脱」となる可能性があります。

EUは、イギリスが離脱の延期を求める場合は明確な説明が必要だとしていて、イギリスの思惑どおり進むかは不透明です。