あすにかけ大気不安定 落雷突風など注意 西日本と東日本

あすにかけ大気不安定 落雷突風など注意 西日本と東日本
k10011849161_201903151443_201903151443.mp4
上空の寒気の影響で、西日本と東日本では16日にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込みで、気象庁は落雷や竜巻などの突風、ひょうなどに十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、上空およそ5500メートル付近に氷点下30度以下の強い寒気が流れ込んでいるため、西日本の日本海側を中心に大気の状態が不安定になっています。

これから西日本の太平洋側や東日本にも寒気が流れ込み、16日にかけて広い範囲で大気の状態が非常に不安定になる見込みで、局地的に積乱雲が発達するおそれがあります。

気象庁は落雷や竜巻などの突風、急な強い雨、それに「ひょう」に十分注意し、急に空が暗くなったり冷たい風が吹いたりするなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は頑丈な建物などで身の安全を確保するよう呼びかけています。