主要20か国の経済界トップが集う「B20」 2日目の討議は

主要20か国の経済界トップが集う「B20」 2日目の討議は
ことし6月のG20大阪サミットに先立って各国の経済界の首脳が意見を交わす「B20」は15日、2日目の討議に入り、終了後に「共同提言」をとりまとめることにしています。
B20は、主要20か国の経済界の首脳らが一堂に集まる会議です。2日目の15日は、会議の冒頭、経団連の中西会長が「貿易紛争の拡大や地政学的な緊張が増し、世界経済の下振れリスクが出てきている」などと述べました。

会議ではこの後、世界経済の成長に向けて、国際的なデータの流通をどのような枠組みで実現していくかなどについて議論します。

B20は、今夜、閉幕し、世界経済の成長が鈍り、グローバル化に逆行する動きが脅威になっていると指摘したうえで、ルールに基づいた自由で公正な国際協調体制の強化などを求める「共同提言」をとりまとめることにしています。

提言は、ことし6月のG20大阪サミットでの議論に反映させてもらうため、経団連の中西会長から安倍総理大臣に手渡されることになっています。