米議会上院“非常事態”終結決議 トランプ大統領「拒否権だ」

米議会上院“非常事態”終結決議 トランプ大統領「拒否権だ」
k10011849011_201903150908_201903150915.mp4
アメリカのトランプ大統領が国境沿いの壁を建設するために出した非常事態宣言を終結させる決議案の採決が議会上院で行われ、与党・共和党から12人の議員が賛成に回り、決議案は賛成多数で可決されました。これに対し、トランプ大統領は拒否権を発動する構えで、議会を軽視しているという批判が高まりそうです。
トランプ大統領は、先月15日、非常事態を宣言し、大統領の権限でメキシコとの国境沿いの壁の建設費を捻出する方針を示しましたが、これに対し、野党・民主党が多数派の議会下院は、26日、非常事態宣言を終結させる決議案を可決しました。

これに続いて14日、議会上院でも決議案の採決が行われ、与党・共和党から12人の議員が賛成に回り、決議案は賛成多数で可決されました。

議会下院だけではなく、与党・共和党が多数派の上院も大統領の方針にノーを突きつけるという異例の事態となりました。

これに対し、トランプ大統領はツイッターに直ちに「拒否権だ!」と投稿し、就任後初めて大統領の権限である拒否権を発動する考えを示しました。

トランプ大統領は、みずからの公約を実現するため、国境沿いの壁を建設するという強気の姿勢を崩していませんが、「議会を軽視している」という批判が、与党・共和党の一部からも出る中、先行きは不透明で、来年の大統領選挙にどのような影響が及ぶのか注目されます。