米 北朝鮮の完全な非核化まで制裁継続を各国に要請

米 北朝鮮の完全な非核化まで制裁継続を各国に要請
k10011849001_201903151013_201903151013.mp4
アメリカで北朝鮮との交渉を担当するビーガン特別代表は14日、ニューヨークのアメリカの国連代表部で、国連安保理のメンバー国に加え、日本、それに韓国の国連大使と会合を開き、北朝鮮の完全な非核化まで安保理が採択した制裁を着実に継続するよう各国に要請しました。
会合には、国連安保理のメンバー国に加えて日本からは別所国連大使が出席しました。

会合でビーガン特別代表は、先月行われた2回目の米朝首脳会談の結果を説明したうえで、北朝鮮の完全な非核化まで制裁を着実に継続するよう各国に要請しました。

会合のあと、別所国連大使は「制裁を続けるアメリカの強い意志が示され、安保理のメンバーからも熱心な質問があった」と話しました。

北朝鮮をめぐっては、国連安保理の専門家パネルが11日に公表した報告書で、サイバー攻撃や船から船に積み荷を移し替える制裁逃れを続けていると指摘したほか、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が米朝首脳会談で使ったドイツ製の高級車は、制裁決議に違反しているとして調査しています。