“米司法当局がフェイスブックを捜査” 米有力紙が報じる

“米司法当局がフェイスブックを捜査” 米有力紙が報じる
アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズは14日、世界最大の交流ネットワークを運営するフェイスブックが、アマゾンなど150社余りに利用者の個人データへのアクセスを特別に認めていたとして、司法当局が捜査を進めていると報じました。
ニューヨーク・タイムズは、フェイスブックが、利用者の許可なく、友人関係や連絡先といった個人データへのアクセスを、アマゾンやアップルなど150社余りに特別に認めていたとして、アメリカの司法当局が捜査を進めていると報じています。

また、起訴するかどうかを判断するニューヨークの大陪審が、これら150社余りのうち少なくとも2社に、情報の提供を求めたとしています。

フェイスブックをめぐっては、去年、アメリカを中心に最大で8700万人の利用者の情報が流出し、アメリカ政府で消費者保護を担当する連邦取引委員会や証券取引委員会が、フェイスブックの情報管理が適切だったか、調査を進めています。

一連の問題を受けて、フェイスブックのザッカーバーグCEOは先週、個人データを幅広く共有できるこれまでの形から、プライバシーを保護するために少人数のグループでより安全にメッセージをやり取りできる形に軸足を移す方針を打ち出しています。