小6女児2人飛び降りで保護者説明会 校長が経緯を説明

小6女児2人飛び降りで保護者説明会 校長が経緯を説明
愛知県豊田市で小学6年生の女の子2人がマンションから飛び降りて自殺したとみられる問題で、2人が通っていた小学校で14日夜、保護者説明会が開かれました。説明会では、当日、2人のうち1人が友人に「死にたい」と漏らし、担任が理由を尋ねると「軽い気持ちで言ったので大丈夫」などと答えていたことが報告されました。
今月12日、豊田市陣中町のマンションの敷地で、同じ小学校に通う6年生の女の子2人が倒れているのが見つかり死亡が確認されました。警察は飛び降り自殺を図ったとみています。

2人が通っていた小学校では14日夜、保護者説明会が開かれ、校長が経緯を説明しました。

市の教育委員会によりますと、この中で校長は2人のうち1人が友人に「死にたい」と漏らし、担任の教師が理由を聞くと「軽い気持ちで言ったので大丈夫」などと答えていたことや、担任が「軽い気持ちでも周りの子は心配する。悩みがあったら相談してね」と声をかけると、女の子が「はい」と応じたことを報告したということです。

また、亡くなった2人の遺族が「誰も悪者にしないでほしい。6年生は落ち着いた卒業式と明るい中学校生活を送ってほしい」と話していることも紹介されたということです。

保護者からは「兆候はなかったのか」「二度と起こらないようにきちんと調べてほしい」といった質問や意見が出たということです。

教育委員会は保護者の意見も踏まえ、今後の対応を検討することにしています。