消費税率引き上げ ポイント還元制度 主要カード会社など参加へ

消費税率引き上げ ポイント還元制度 主要カード会社など参加へ
消費税率の引き上げに伴って導入されるキャッシュレス決済のポイント還元制度にJCBなど、主要なカード会社やQRコード決済の事業者が参加する見通しとなりました。
消費税率が10%に上がることし10月から9か月間、中小の店舗でキャッシュレスで買い物をすると購入額に応じて原則5%分のポイントが還元され、還元分は国が事業者に補助します。

これまでのところカード会社ではJCB、三井住友カード、三菱UFJニコス、クレディセゾン、楽天カード、オリコ=オリエントコーポレーションが参加する方向で調整を進めています。

QRコード決済では、楽天、PayPay、NTTドコモが参加する方向です。事業者の受け付けは、来週20日でいったん締め切られ、来月上旬にも事業者の一覧が公開される予定です。

制度導入に伴い決済端末を新たに設置する中小の店舗に対しては、設置費用を国などが負担するうえ、9か月間はカード会社などに支払う手数料が低く抑えられる対策が講じられています。

ただ、制度が終了して以降、手数料が上がる可能性もあることから、どこまで設置する店舗が広がるかが焦点となりそうです。