プロ野球オープン戦 4試合の結果

プロ野球オープン戦 4試合の結果
プロ野球のオープン戦は4試合が行われました。
中日対西武は西武が3対0で勝ちました。
西武は先発の一角を担う3年目の今井達也投手が安定したコントロールで6回無失点と成長ぶりを見せました。
中日はドラフト1位ルーキーの根尾昂選手が2番、ショートで先発出場し、1回にオープン戦初ヒットを打ちました。

ソフトバンク対巨人は巨人が4対3で勝ちました。
両チームとも開幕投手を務める先発ピッチャーが無失点と好投しました。
巨人の菅野智之投手は5回までランナーを1人も許さず、6回を投げてヒット2本に抑えました。
一方、ソフトバンクの千賀滉大投手も7回2アウトまで完璧に抑え、7回をヒット1本、8つの三振を奪いました。

オリックス対広島は広島が3対2で勝ちました。
広島は4番の鈴木誠也選手にオープン戦3号となるスリーランホームランが出ました。
オリックスは先発ローテーション入りを目指す3年目の小林慶祐投手が5回と3分の2を投げてホームランによる3失点にまとめました。また日本代表の強化試合で活躍した吉田正尚選手がツーランホームランを打ちました。

楽天対DeNAは楽天が5対2で勝ちました。
楽天は開幕投手を務める岸孝之投手が7回2失点と順調な調整ぶりを示しました。
一方、DeNAは開幕投手が有力視される今永昇太投手が5回5失点と結果を残すことができませんでした。