中日 根尾がオープン戦で初ヒット

中日 根尾がオープン戦で初ヒット
プロ野球 中日のドラフト1位ルーキー、根尾昂選手が西武とのオープン戦に先発出場し、初ヒットをマークしました。
13日、1軍に合流した根尾選手は14日、ナゴヤドームで行われた西武とのオープン戦に「2番 ショート」で初めて先発出場しました。

そして1回の第1打席でおととしのドラフト1位、西武の今井達也投手と対戦しました。

そして2球目のアウトコースの150キロの速球を三遊間に流し打ち、初ヒットをマークしました。

続く第2打席と第3打席は凡退し、8回の第4打席はノーアウト一塁二塁のチャンスで迎えましたが、3人目 ヒース投手の変化球を交えたピッチングに対応できず、空振りの三振に倒れました。

根尾選手はフル出場し、「1本出てほっとしたが、あす以降、打てなければ意味がない。自分ができることをしっかりやって、次もまた打てるようにやっていきたい」と話していました。

根尾選手は15日から再び2軍でプレーする予定です。