家電博覧会 最新機器を展示 中国最大規模 上海

家電博覧会 最新機器を展示 中国最大規模 上海
中国で最大規模の家電の博覧会が上海で始まり、インターネットにつながり、外出先からでもスマートフォンで操作できるといったスマート家電など、最新の機器が展示されました。
中国、上海で、国内で最大規模の家電の博覧会が14日から始まり、国内外のおよそ900の企業が参加しました。

このうち、中国の家電大手は、外出先からスマートフォンを使って電源や温度設定などを操作できる給湯器といったスマート家電を展示し、家の中のあらゆる家電製品がインターネットにつながる最新のシステムをアピールしていました。

中国では、インターネットにつながるスマート家電の出荷台数が、2022年には、去年の2倍のおよそ3億台になるという予測もあり、多くの企業が新しい製品と技術を披露していました。

また、会場には、電機大手などが、今のハイビジョンよりはるかに鮮明な映像を楽しむことができる8Kのテレビも展示していて、訪れた人たちは色彩の美しさを確認していました。

博覧会は今月17日まで開かれ、期間中、延べおよそ30万人の来場者が見込まれています。