西日本 あす以降大気不安定 落雷や突風など注意

西日本 あす以降大気不安定 落雷や突風など注意
k10011848261_201903141804_201903141809.mp4
上空の寒気の影響で、15日以降、西日本は大気の状態が非常に不安定になる見込みで、気象庁は、落雷や竜巻などの突風のほか、ひょうなどに十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、上空およそ5500メートル付近に氷点下30度以下の強い寒気が流れ込む影響で、西日本では15日明け方から16日にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

このため、西日本では局地的に積乱雲が発達し、雷や突風を伴った強い雨やひょうが降るおそれがあります。

気象庁は、落雷や竜巻などの突風のほか、急な強い雨、ひょうに十分注意し、急に空が暗くなる、冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物などで身の安全を確保するよう呼びかけています。