米 世界の人権状況で報告書「中国の人権侵害は桁外れ」

米 世界の人権状況で報告書「中国の人権侵害は桁外れ」
k10011847641_201903140922_201903140922.mp4
アメリカ国務省は、世界の人権状況に関する報告書を発表し、中国が国内のウイグル族など大勢の少数民族を拘束し施設に収容したなどとして、「人権侵害の内容は桁外れだ」と強く非難しました。
アメリカ国務省は13日、去年1年間の世界各国の人権状況をまとめた報告書を発表しました。

報告書は、中国について「新疆ウイグル自治区でイスラム教徒のウイグル族など、これまで以上に大勢の少数民族を拘束した」として、恣意(しい)的に拘束された人は80万人から200万人以上ともされると指摘しています。

また拘束したウイグル族などを収容する施設を新たに建設したほか、ウイグル族の人たちに圧力をかけ、海外で学ぶ留学生まで強制的に帰国させようとしたなどと批判しています。

会見でポンペイオ国務長官は、中国、イラン、南スーダン、それにニカラグアを名指しして、「中国は、人権侵害について言えば桁外れだ」と述べて、特に強く非難しました。

ウイグル族の人たちの拘束について中国当局は、「過激な思想の影響を受けた人などに対する正当な職業訓練だ」などと主張していて、今回の報告に強く反発するとみられます。

一方、報告書では、北朝鮮について日本人の拉致被害者の調査が全く進まなかったと批判したほか、イランについても反政府デモで20人以上が死亡し、数千人が拘束されたなどと非難しています。

国連人権理事会新疆ウイグル自治区の人権話し合う

一方、スイスのジュネーブでは、国連の人権理事会に合わせて13日、アメリカなどの呼びかけで、中国の新疆ウイグル自治区の人権状況について話し合う会合が開かれました。

アメリカ国務省によりますと、会合はアメリカとカナダ、ドイツ、オランダ、イギリスが共催したもので、国際社会がどのように対応していくべきか意見を交わしたということです。

アメリカは、中国当局が大勢のウイグル族を拘束するのは重大な人権侵害だとして、各国と協調して中国に圧力をかけ、改善を求めたいねらいがあります。