春闘 集中回答日 大手企業で去年に比べ低い水準の賃上げ回答

春闘 集中回答日 大手企業で去年に比べ低い水準の賃上げ回答
k10011847211_201903131933_201903131938.mp4
ことしの春闘は、13日、経営側が労働組合に一斉に回答を示す集中回答日を迎えました。自動車や電機などの大手企業で去年に比べて低い水準の賃上げの回答が相次ぎました。
自動車や電機などの製造業を中心におよそ200万人の労働者が加盟する東京 中央区の「金属労協」の本部では13日午前中から大手企業の回答の金額が次々と報告されました。

このうち自動車業界では、日産自動車はベースアップ=ベアに相当する賃上げとして、月額3000円と去年に続く満額回答となりましたが、トヨタ自動車はベアや定期昇給、それに手当などを含めた全体額として、月額1万2000円の要求に対し、去年の妥結額を1000円下回る1万700円で決着しました。このほかホンダ、スバル、三菱自動車はベアで去年の妥結額を下回りました。

電機業界では、組合側がベアに相当する賃上げとして、月額3000円を要求しましたが、日立やパナソニックなど大手で、去年の妥結額を500円下回る1000円で回答しました。

ことしは米中貿易摩擦などを背景に世界経済の先行きが不透明になっているとして、去年と比べて低い水準の賃上げにとどまる企業が多く見られ、これから労使交渉が本格化する中小企業にどう影響するのか注目されます。

連合「それなりの回答引き出せた」

13日の経営側の回答について、連合の神津会長は記者会見で「賃上げの幅が少ない組合も見受けられたが、要求どおりに満額の回答を得ているところも少なからずある。それなりのものを引き出している」と述べました。

そのうえで、「かつての春闘ではきょう回答が出るような代表銘柄が賃上げ額の天井となっていたが、今や悪しき常識だ。中小企業の組合もきょうの額を上回って当たり前だと言うことをどれだけ形にできるかが問題で、ここからが1つのスタートとして、交渉に当たってほしい」と述べました。

自動車メーカーなどの労働組合で作る自動車総連の高倉明会長は「満額回答の労組がある一方で、昨年の実績に及ばない労組もあったが、年明け以降、交渉環境が日増しに悪化する中で、それぞれの組合にとって最大限の回答を引き出せたと受け止めている。今後も底上げや格差是正を何とか実現するため、取り組みを進めたい」と述べました。

電機メーカーなどの労働組合で作る電機連合の野中孝泰中央執行委員長は「大変難しい春闘だった。経営側は過去5年連続して賃金を改善してきており、さらなる上積みには慎重であるべきだとずっと繰り返してきた。1000円という回答は、賃上げの引き上げの流れを継続できて組合員の期待に答えうるものと評価している」と述べました。

経団連「賃上げの勢いは守れた」

ことしの春闘でベアなどの賃上げの水準が去年を下回る企業が相次いでいることについて、経団連の中西会長は13日、記者団に対し、「ベアだけに注目するとそういう見方もあるが、これまで毎年ベアを積み重ねてきている。賃上げをやっていこうという基本的な勢いはきちんと守ることができた」と述べました。

多様な働き方をめぐる労使間の話し合いも充実していたという認識を示したうえで、「日本経済を着実に前に進めていくような結果ではないか。きょうの回答を見るかぎり、ポジティブに受け止めている」と述べました。

経済同友会「水準低下も賃上げの動き歓迎」

春闘の回答について、経済同友会の小林代表幹事は「世界経済の先行きが不透明な中、去年に比べて水準が低下したとは言え、賃上げの動きが今年も続いたことを歓迎する。消費税率引き上げを控えている中で、この流れが中小や地方の企業にも波及するよう期待する」というコメントを発表しました。

官房長官「賃上げの流れ基本的に維持」

菅官房長官は午後の記者会見で「昨年の賃上げの水準を下回っている企業もあるが一昨年と同等以上の水準の企業がほとんどだ。さらに非正規雇用者の正規化のさらなる推進など、待遇改善に向けた取り組みも見られる」と述べました。

そのうえで、「これまでの賃上げの流れは基本的に維持されていると認識している。今後、中小企業を含めて幅広い交渉が進み、回答が出されていくことになるが、経済の好循環のさらなる拡大に向け、賃上げの流れが今後も続くよう、期待を持って交渉結果を注視していきたい」と述べました。

立民 辻元国対委員長「政権だけ景気回復」

立憲民主党の辻元国会対策委員長は党の会合で「春闘の大手の回答が出ているが、低い水準の賃上げで、非常に厳しい状況のようだ。安倍政権だけが、『戦後最長の景気だ』と言っているが、さまざまな数値もマイナスで、景気は下方修正に入ったと言われている。安倍総理大臣が言うように『戦後最長の景気回復』だったら、なんで賃金がどんと上がらないのか」と述べました。

国民 玉木代表「アベノミクスのかげり」

国民民主党の玉木代表は、記者会見で「前年割れが相次いでいる印象だ。景気にも世界経済にもかげりが見える中で、賃金の上昇を見ても、アベノミクスのかげりが出てきて、『アベノミクスの終わりの始まり』という印象だ」と述べました。