「カープ電車」プロ野球開幕を前にことしも運行開始

「カープ電車」プロ野球開幕を前にことしも運行開始
k10011846781_201903131612_201903131613.mp4
プロ野球が今月29日に開幕するのを前に、リーグ4連覇と35年ぶりの日本一を目指す広島を応援しようと、キャッチフレーズなどがデザインされた「カープ電車」の運行が13日から始まりました。
「カープ電車」は広島電鉄が地元の球団である広島を応援しようと毎年運行していて、13日は広島市の広島駅電停で出発式が行われました。

出発式では昨シーズン先発ローテーションの一角として8勝を挙げた岡田明丈投手と、広島電鉄の椋田昌夫社長がテープカットをして運行開始を祝いました。

電車の車体にはマスコットキャラクターの「カープ坊や」や、今シーズンのキャッチフレーズ「水金地火木ドッテンカープ」などがデザインされています。

また車内には昭和50年の初優勝から去年まで9回の優勝シーンの写真などが飾られているほか、車内放送ではカープの現役選手32人の声で次に止まる電停の案内などをしています。

岡田投手は「この電車で皆さんにワクワクしながら球場に来てもらいたいです」と話していました。

電車に乗った広島市の70代の男性は「カープ電車が走らないと広島の春は来ません。ことしはリーグ4連覇と4回目の日本一を期待します」と話していました。