はしかの患者数 19都道府県で148人

はしかの患者数 19都道府県で148人
国立感染症研究所によりますと、今月3日までに全国の医療機関から報告された、ことしのはしかの患者数は、19の都道府県で合わせて148人に上っています。
都道府県別では、
最も多いのが▽三重県で49人
▽大阪府が43人
▽愛知県が14人
▽東京都が10人
▽和歌山県と岐阜県が5人などとなっています。