ロッテ 藤原 中日との練習試合で初ヒット含む3安打

ロッテ 藤原 中日との練習試合で初ヒット含む3安打
プロ野球ロッテは14日、沖縄県北谷町で中日と練習試合を行い、ここまで実戦でノーヒットだった藤原恭大選手が、初ヒットを含む3安打2打点の活躍を見せました。
ここまで紅白戦を含む実戦形式の練習や練習試合でノーヒットと、プロのボールに苦しんでいた藤原選手は14日、中日との練習試合に1番センターで先発出場しました。

藤原選手は3回の第2打席で、去年6勝を挙げた中日の笠原祥太郎投手の速球をライト前に運び、初ヒットを打ちました。

これで勢いづいた藤原選手は、続く第3打席はセンター前へ、第5打席はライトへタイムリーツーベースヒットを打ち、この試合、5打数3安打2打点の活躍をみせました。

試合後、藤原選手は「なかなか思うようなバッティングできなくて苦しかったので、1本出てほっとした。まだ、できていない部分も多いので成長しながらやっていきたい」と話していました。

また、井口資仁監督は「藤原はキャンプでやってきた形をしっかり出せている。プロのスピードにも日に日に順応していて、試合で成長していく選手なんじゃないか」と、ルーキーのさらなる活躍に期待を寄せていました。