東京メトロ後楽園駅 刃物で2人けがさせ会社関係者の男逮捕

東京メトロ後楽園駅 刃物で2人けがさせ会社関係者の男逮捕
k10011815331_201902142103_201902142103.mp4
14日夜、東京 文京区の東京メトロ後楽園駅前で、26歳の男がナイフで男女2人を切りつけ、このうち1人が重傷です。男は、切りつけられた2人の元同僚で、警視庁が殺人未遂の疑いで逮捕して調べています。
14日午後8時すぎ、東京 文京区の東京メトロ丸ノ内線の後楽園駅前の歩道で、男がナイフで近くにいた男女2人を切りつけました。

警視庁によりますと、切りつけられた2人のうち66歳の男性が顔などに大けが、58歳の女性が手などにけがをして病院に運ばれ手当てを受けています。

男は、駆けつけた警察官に取り押さえられ殺人未遂の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは住所不定、無職の金田隆志容疑者(26)です。

金田容疑者はけがをした2人と以前、同じ会社に勤めていたということで、調べに対して切りつけたことを認めたうえで、「殺そうとまでは思っていなかった」などと供述しているということです。

警視庁は何らかのトラブルがあったと見て詳しいいきさつを調べています。

現場は後楽園駅の出入り口付近で、当時、周辺には帰宅途中の人などが大勢いて騒然となりました。
大学受験のため、地方から東京に来ていて、事件を目撃したという18歳の男子高校生は、「駅の出口の近くに大勢の人が集まっていて、よく見ると、男女が倒れていて女性の首のあたりに血が見えた。別の男が警察官に取り押さえられていたが、暴れたり声をあげたりする様子はなかった。事件を目の当たりにして怖くて震えが止まらなかった」と話していました。