プラスチック加工会社で工場火災 埼玉 春日部

プラスチック加工会社で工場火災 埼玉 春日部
k10011815161_201902141903_201902141903.mp4
14日夕方、埼玉県春日部市でプラスチック加工会社の工場から火が出て、今も激しい炎が上がっています。警察と消防によりますと、これまでにけが人などがいるという情報は入っていないということです。
14日午後5時半ごろ、春日部市豊野町のプラスチック加工会社「東京山陽プラス」の工場から火が出たと、工場の従業員から消防に通報がありました。

消防車など14台が出て消火にあたっていますが、現場の工場では今も激しい炎が上がっています。

午後7時すぎにNHKのヘリコプターが撮影した映像では、真っ赤な炎が激しく上がり工場の屋根が焼け落ちていたほか、黒煙が広い範囲に立ち上っている様子が確認できました。

これまでにけが人や逃げ遅れた人がいるという情報は入っていないということで、警察と消防が詳しい状況を調べています。

住民「影響ないか心配」

現場近くに職場があるという20代の男性は「プラスチックの工場が火事になったと聞いて様子を見に来ました。異臭やガスの影響がないか、心配です」と話していました。

また、近くに住む20代の男性は「ボーンという爆発したような音が何回か聞こえました。黒煙が勢いよく上がりびっくりしました」と話していました。