統計不正 18日に首相出席求め集中審議 与野党が正式合意

統計不正 18日に首相出席求め集中審議 与野党が正式合意
衆議院予算委員会の理事会で、厚生労働省の統計不正問題などをめぐって、来週18日に、安倍総理大臣らに出席を求めて、集中審議を行うことで与野党が正式に合意しました。
また、集中審議には、更迭された厚生労働省の大西前政策統括官の前任者らを参考人として招致することを決めました。

そして、与党側は、審議時間が積み重なりつつあるとして、新年度予算案の月内の衆議院通過に向けて、今月26日に採決の前提となる中央公聴会を開きたいと提案しました。

一方で、野党側は、さらなる集中審議の開催などを求め、引き続き協議することになりました。