パイオニア 130億円の最終赤字へ カーナビ事業不振

パイオニア 130億円の最終赤字へ カーナビ事業不振
「パイオニア」は、今年度の業績見通しについて、カーナビ事業で不振が続いた影響などで130億円の最終赤字になる見込みだと発表しました。
パイオニアが14日発表した、去年4月から12月までの9か月間の決算は、売り上げが前の年の同じ時期より3.7%減って2608億円、最終損益は106億円の赤字となりました。

これは、自動車メーカー向けのカーナビ事業で各社の競争が激しくなる中、ソフトウエアの性能を高めるための開発費用がかさみ、採算が悪化したことなどが主な要因です。

また、今年度1年間の最終損益は130億円の赤字になる見通しで、最終赤字は3年連続です。

業績の不振が続くパイオニアは、香港のファンドにすべての株式を譲り渡し、その傘下に入ることが決まっていて、早ければ来月下旬にも上場廃止になる予定です。