東京五輪・パラ 開閉会式の予算上限130億円 40億円増へ

東京五輪・パラ 開閉会式の予算上限130億円 40億円増へ
来年の東京オリンピックとパラリンピックの開会式と閉会式について、大会組織委員会は予算の上限額を130億円とする方針を固めたことがわかりました。
東京オリンピックとパラリンピックの開会式と閉会式は、合わせて4つの式典が一連の4部作として構成され、狂言師の野村萬斎さんが総合的に統括する責任者を務めます。

組織委員会はこの開閉会式の予算の上限額について、招致段階では90億円余りと見込んでいましたが、およそ40億円増やし、130億円とする方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。

開閉会式の予算の増加は、野村さんをはじめとする開閉会式の担当チームの企画や演出の具体化に伴うもので、過去のロンドン大会や次のパリ大会が計画する150億円規模を超えない程度で検討されたということです。

組織委員会は開閉会式の予算が増えても大会経費の1兆3500億円の範囲内でやりくりすることにしており、東京都や国と費用の分担について調整が進められる見通しです。