4歳長女を洗面器で殴りけがをさせた疑い 26歳母親逮捕 鹿児島

4歳長女を洗面器で殴りけがをさせた疑い 26歳母親逮捕 鹿児島
4歳の長女を洗面器で殴ってけがをさせたとして、鹿児島県霧島市の26歳の母親が傷害の疑いで逮捕されました。警察は母親が虐待を繰り返していた可能性もあるとみて詳しく調べています。
逮捕されたのは霧島市の26歳の母親で、警察によりますと、12日の夜、自宅で4歳の長女の胸を洗面器で殴るなどして2週間のけがをさせたとして、傷害の疑いが持たれています。

13日、「こども園に通う女の子がけがをしていて、暴行を受けたおそれがある」と霧島市から連絡を受けた警察が母親から事情を聴いたところ、「ささいなことで怒ってやってしまった」などと話したということです。

霧島市によりますと、長女が通う認定こども園からは、13日を含め先月から合わせて4回、「体や顔にあざがある」などと連絡があり、市が聞き取りを行っていたということです。

警察は、母親が虐待を繰り返していた可能性もあるとみて詳しく調べています。