病院の病室1部屋が焼け 1人死亡 長野 飯田

病院の病室1部屋が焼け 1人死亡 長野 飯田
14日朝早く、長野県飯田市の病院で病室1部屋が焼ける火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。この病室には90代の女性患者が入院していたということで、警察が身元の確認を急ぐとともに、火事の原因を調べています。
14日午前4時半前、飯田市鼎中平にある「菅沼病院」の2階の病室から火が出ました。消防車などが出て消火活動にあたり、火はおよそ40分後に消し止められましたが、病室1部屋が焼け、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。

病院によりますと、この病室には先月から90代の女性が入院していたということで、警察は身元の確認を急ぐとともに、火事の原因などを調べています。

火事が起きた当時、病院には入院患者と病院の職員合わせておよそ30人がいて、ほかにけが人はいませんでした。菅沼病院は「亡くなられた患者のご家族におわび申し上げるとともに、火事の原因が分かりしだい、再発防止に努めてまいります」とコメントしています。