保育園⇔公園の送迎車を増車へ 東京 目黒区

保育園⇔公園の送迎車を増車へ 東京 目黒区
東京 目黒区は、狭い保育園の子どもたちを広い公園で遊ばせるために運行している送迎用の車を増やして、対応を強化することになりました。
目黒区は外で遊ぶのに十分な広さのない保育園の子どもたちを専用の車で公園に送り迎えして遊ばせる取り組みを、去年11月から行っています。

区によりますと、現在はワンボックスカー1台を運行していますが、利用者が多いため保育園が希望しても利用できないケースが相次いでいるということです。

さらに、ことし4月には、区内に16の私立の認可保育園が新たに開設され、利用の希望がさらに増える見込みだということです。

このため、区は新年度から送迎用の車を1台を追加して、合わせて2台を運行することを決めました。

目黒区は「保育園や保護者から好評なのでより多くの子どもたちが利用できるように車の台数を増やすことにした」と話しています。