統計不正 野党側「日雇い労働者を対象から外したのは偽装」

統計不正 野党側「日雇い労働者を対象から外したのは偽装」
厚生労働省の統計不正問題をめぐる野党のヒアリングで、国民民主党の出席者は、「毎月勤労統計調査」は去年1月の調査分から「日雇い労働者」が対象からはずされたために賃金が実態以上に高いデータになっているとして、「アベノミクス偽装の疑いが強まった」と批判しました。
不正が問題となっている厚生労働省の「毎月勤労統計調査」では、去年1月の調査分から、統計調査を進めるうえでの労働者に関する定義が見直され、「日雇い労働者」が、対象からはずされました。

13日に開かれた厚生労働省などに対する野党のヒアリングでは、「日雇い労働者」が調査対象からはずされたことが取り上げられました。

国民民主党の出席者は「賃金が低い人を対象からはずせば、数字が上振れするのは当たり前だ」と指摘したうえで、「アベノミクス偽装の疑いが強まった」と批判しました。

これに対し、厚生労働省の担当者は「あくまでも想定だが、仮に『日雇い労働者』を含めて集計すれば、賃金は、集計結果よりも低く出ると思われる」と述べました。