巨人 沖縄で2次キャンプをスタート

巨人 沖縄で2次キャンプをスタート
k10011813751_201902132216_201902132221.mp4
プロ野球 巨人は、13日から那覇市での2次キャンプをスタートさせ、原辰徳監督が練習を行う球場に集まったファンに向けて、「しっかり鍛えて日本一奪回を目指す」とあいさつしました。
巨人は宮崎市での1次キャンプを11日で打ち上げ、13日昼前、那覇空港に到着しました。
このあと全員で那覇市内の神社を訪れて必勝祈願を行ったあと、球場に移動しました。

練習前には、原監督がスタンドに集まったファンに向けて、「このキャンプで選手たちをしっかり鍛え、日本一奪回を目指す」と意気込みを述べました。

13日の練習は、移動したあとのため軽めのメニューとなりました。
このうちバッティング練習では、原監督みずから移籍2年目のゲレーロ選手や開幕1軍を目指す3年目の松原聖弥選手に、フォームについて精力的にアドバイスしていました。

原監督は「ステップアップをするための2次キャンプで、実戦が多くなる。結果を気にしないといけない立場の選手も、実績のある選手もどのような状態になっていくのか楽しみだ」と話していました。

巨人の那覇市での2次キャンプは、練習試合やオープン戦など実戦を中心に、今月28日まで行われます。