“無罪請負人” 弘中弁護士ら ゴーン前会長の弁護人に

“無罪請負人” 弘中弁護士ら ゴーン前会長の弁護人に
k10011813621_201902131814_201902131818.mp4
日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の弁護を担当していた元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士が前会長の弁護人を辞任し、新たに弘中惇一郎弁護士らが弁護を担当することがわかりました。
日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(64)は、金融商品取引法違反や特別背任の罪で逮捕・起訴され、元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士が去年11月の最初の逮捕の直後からゴーン前会長の弁護を担当していました。

大鶴弁護士は先月の記者会見で、「ゴーン前会長には全く嫌疑がないことを確信している」と述べるなど、一貫して前会長の無罪を主張していましたが、13日、東京地方裁判所に前会長の弁護人の辞任届を提出したということです。

そして元厚生労働省の村木厚子さんが無罪になった事件などを担当した弘中惇一郎弁護士らが新たにゴーン前会長の弁護人を務めることが、関係者への取材でわかりました。

大鶴弁護士は、ゴーン前会長の保釈を2回にわたって請求しましたが、いずれも裁判所に却下されていました。

NHKの取材に対し大鶴弁護士は、辞任の理由などについて「お話しできることはありません」としています。

“無罪請負人” 弘中弁護士とは

弘中惇一郎弁護士は、著名な事件の裁判で被告の弁護をたびたび担当して無罪を勝ち取り、“無罪請負人”とも呼ばれています。

薬害エイズ事件では元帝京大学副学長の弁護人を務め、1審で無罪判決を得たほか、郵便の割引制度をめぐって元厚生労働省の村木厚子さんが無罪になった事件、それに旧民主党の小沢一郎元代表が政治資金規正法違反の罪で強制的に起訴された事件でも無罪を勝ち取りました。

ゴーン前会長とともに起訴されたグレッグ・ケリー前代表取締役の弁護を担当する喜田村洋一弁護士とは、薬害エイズ事件や小沢元代表の事件などでともに弁護を担当しています。