自動車総連会長 春闘では格差是正につながる議論を

自動車総連会長 春闘では格差是正につながる議論を
自動車業界で労使交渉が本格的に始まったことに合わせて、自動車メーカーなどの労働組合で作る自動車総連の高倉明会長は13日、都内で記者会見し、中小企業と大手企業の格差是正につながるよう労使の議論を進めていく考えを示しました。
自動車総連は、ことしの春闘でベースアップの要求額を掲げない方針を決め、トヨタ自動車の労働組合では、今回からベースアップに相当する分の要求額の公表を取りやめました。

これについて高倉会長は「今回はベースアップの上げ幅だけでなく、定期昇給の在り方や賃金制度の問題点などにも目を向けるために、絶対額を重視した取り組みを従来以上に進める必要があると考え、方針を策定した」と説明しました。

そのうえで「この数年は、ベースアップの部分のみを見ると、中小企業の労働組合が大手企業の労働組合を上回る要求をして回答を引き出すなど変化も見えてきた。しかしベースアップの部分だけが大手を上回ったとしても、実際の賃金の引き上げは定期昇給なども含めたものなので、全体にスポットを当てないと格差是正は進まない」と述べ、労使で目指すべき賃金水準を明らかにして、中小企業と大手企業の格差是正につながるよう労使の議論を進めていく考えを示しました。