菅官房長官 「正確な事実に基づかない質問 繰り返されている」

菅官房長官 「正確な事実に基づかない質問 繰り返されている」
菅官房長官は午後の記者会見で、みずからの定例会見での東京新聞の特定の記者の質問をめぐって、アメリカ軍普天間基地の移設工事に関する質問などを例にあげながら、「正確な事実に基づかない質問が繰り返されており、取材ではなく決め打ちだ」と述べました。
この中で菅官房長官は、原則として毎日2回行っているみずからの定例記者会見での東京新聞の特定の記者の質問について、「この記者会見はまさに公の場だが、正確な事実に基づかない質問が累次にわたって繰り返されている」と指摘しました。

そのうえで、アメリカ軍普天間基地の移設工事に関するこの記者の質問などを例に挙げ、「『埋め立てで赤土が広まっている』ということだったが、防衛省では、外周の護岸により閉鎖的な水域をつくり、外海のモニタリングでも影響は確認されていない。事実と反しており、こうしたことを私は『取材ではなく決め打ちだ』と申し上げた」と述べました。

総理大臣官邸は去年12月、記者クラブに対し、報道室長名で「事実に反する質問が行われたことは極めて遺憾だ」として、「問題意識の共有」を要請する文書を出したのに対し、新聞労連は今月、中央執行委員長名で、国民の知る権利を狭めるものだとして抗議する声明を出しています。