「キャッツ」出演の俳優がスマホでの確定申告体験

「キャッツ」出演の俳優がスマホでの確定申告体験
高額の医療費がかかった人や、ふるさと納税をした人が税金の還付を受けるための確定申告の手続きが、先月からスマートフォンの専用画面でできるようになり、劇団四季のミュージカル「キャッツ」に出演する俳優が手続きのしかたを体験しました。
確定申告は、これまで各地の税務署などに出向くか、自宅のパソコンなどから入力する「e-Tax」を利用する必要がありましたが、先月から高額の医療費がかかった人とふるさと納税をした人など税金の還付手続きについては、スマートフォンの専用画面でも行えるようになりました。

13日は、東京 品川区の劇場のロビーで劇団四季のミュージカル「キャッツ」に出演する俳優の加藤迪さんが、猫のメイクを施した2人の俳優に見守られる中、スマートフォンを使って手続きのしかたを体験しました。
加藤さんは、国税庁のホームページから収入や医療費など必要な項目を入力していました。

税務署によりますと、スマートフォンを使った手続きには、事前に税務署でIDとパスワードを申請する必要があり、運転免許証などがあれば、5分ほどで発行されるということです。

加藤さんは「これまで手書きで手続きしていましたが、劇団は全国で公演があるので身近なスマートフォンでできるのはすごく便利でありがたいです」と話していました。

スマートフォンを使っての確定申告の期限は来月15日までとなっています。

一方、所得税の確定申告の受け付けは、「e-Tax」では今月16日から、税務署の窓口では18日から始まり、申告の期限は同じく来月15日までとなっています。