桜田五輪相「がっかり」発言を陳謝 撤回 衆院予算委

桜田五輪相「がっかり」発言を陳謝 撤回 衆院予算委
k10011813391_201902131508_201902131509.mp4
競泳の池江璃花子選手が「白血病」と診断されたと明らかにしたことをめぐり、桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は、衆議院予算委員会で、「がっかりしている」などと述べた発言を陳謝し、撤回しました。一方で「職務を全力で全うするつもりだ」と述べ、野党側が求めている辞任については否定しました。
競泳の池江璃花子選手が「白血病」と診断されたと明らかにしたことをめぐり、桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は12日、「がっかりしている。盛り上がりが若干、下火にならないか心配だ」などと述べ、野党側から、不適切だとして、批判が出ています。

これについて桜田大臣は13日の衆議院予算委員会で、「突然の話にショックを受け、率直に残念である旨を発言をした。発言の中で、『がっかりしている』、『盛り上がりが若干下火にならないか心配だ』という部分については配慮を欠いたと思い、おわびをし、撤回したい」と陳謝し、撤回しました。

そのうえで桜田大臣は野党側が求めている大臣の辞任については、「職務を全力で全うするつもりだ。今までの分も挽回できるよう一生懸命、職務に努めたい」と述べ、否定しました。

これについて安倍総理大臣は「桜田大臣は、まさに五輪招致においても全力を尽くしてきた1人で、そうした経験も生かしながら、来年のオリンピック・パラリンピックを成功させるために力を尽くしてもらいたい。今回は厳しい批判があることは受け止めないとならないと思うが、任命したときの考えは適任であると考えており、今回のこともしっかりと反省しながら職務を果たしてもらいたい」と述べました。

首相「池江選手 治療に専念を」

また安倍総理大臣は「おそらく、本人がいちばんつらいだろうと思う。その中で、1日も早く、元気な姿を治療に専念して見せていただきたい。今は、池江選手がしっかりと治療に専念して、元気な姿で戻ってくることを期待し、みんなでそういう雰囲気をつくっていきたいと思い、見守っていきたい」と述べました。

公明 石田政調会長「がっかりしているのは大臣でなく本人」

公明党の石田政務調査会長は記者会見で「がっかりしているのは桜田大臣ではなく、本人だ。白血病は、早期発見した若い人の治癒率が高くなっていると言うが、亡くなっている人もたくさんいるので、回復を祈るということばがまず出てこなければいけなかったのではないか。オリンピックを成功させたいという桜田大臣の意欲は疑わないが、自身が水を差すようなことをしてはいけない」と指摘しました。

一方で、野党側が、桜田大臣の辞任を求めていることについては「池江選手の問題を、政治に取り込むのは失礼ではないか。静かに治療に専念してもらうことがいちばん大事だ」と述べました。