日韓議連 額賀会長 韓国首相に議長発言を抗議

日韓議連 額賀会長 韓国首相に議長発言を抗議
日韓関係が悪化する中、日韓議員連盟の会長を務める額賀・元財務大臣はソウルでイ・ナギョン(李洛淵)首相らと会談し、慰安婦問題をめぐる韓国の国会議長の発言について抗議したのに対し、韓国側は議長に伝える考えを示しました。また額賀氏は太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題について、適切な対応を求めました。
日韓議員連盟の会長を務める自民党の額賀 元財務大臣は12日からソウルを訪れていて、13日午前、イ・ナギョン首相らと1時間余り会談しました。

この中で額賀氏は、慰安婦問題をめぐって韓国のムン・ヒサン(文喜相)国会議長が天皇陛下が謝罪すれば解消されるなどと述べたことについて「耳を疑うような発言だ。日韓関係にマイナスで、許しがたく、反省してもらいたい」と述べ、抗議しました。

これに対し会談に同席した、韓日議員連盟のカン・チャンイル(姜昌一)会長は「しっかりと議長に伝える」と応じたということです。

また、額賀氏は太平洋戦争中の「徴用」をめぐり、韓国の裁判所が日本企業の資産の差し押さえを認める決定を出したことについて適切に対応するよう求めました。

これに対しイ首相は「両国関係をこれ以上、悪化させないような形で取り組んでいきたい。できるだけ誠意を持ってやっている」と述べたということです。

このあと額賀氏は記者団に対し「日韓関係をこれ以上悪化させないためにどうすればいいか、率直に意見交換できた。主張すべきことは主張し、分かってもらえたこともたくさんあるので今後も連絡を取り合いながら対応していきたい」と述べました。

韓日議員連盟会長「賢明に対処を」

韓日議員連盟のカン・チャンイル(姜昌一)会長は13日午前、フェイスブックに、ソウルを訪れている額賀・元財務大臣と握手をしている写真を公開しました。

そして「虚心たん懐に懸案を議論した。両国間の問題を解決する知恵を集めるために韓日議員連盟が先頭に立ちます。賢明に対処し、相互の友好を増進させる日韓関係を築きます。共に努力しましょう」とコメントしています。

韓国国会議長 記者の質問に答えず

韓国国会のムン・ヒサン議長は12日、アメリカの連邦議会を訪れて議会下院の外交委員会のメンバーや、与野党の幹部と面会しました。

この際、NHKの記者が慰安婦問題をめぐるムン議長の発言に対して安倍総理大臣が謝罪と撤回を要求したことについてコメントを求めましたが、ムン議長は何も答えませんでした。

ムン議長に同行している関係者はカメラを遮り、今回の発言が日本で反発を呼んでいることに議長らが神経をとがらせている様子をうかがわせました。

面会した議員のツイッターによりますと、ムン議長は議員たちと2回目の米朝首脳会談や米韓関係について意見を交わしたということです。

またムン議長は11日にはアメリカ国務省でサリバン副長官と面会していて、国務省は「日米韓の3か国の協力を強化していくことを確認した」としています。

韓国の通信社、連合ニュースによりますと、ムン議長は17日までの日程で、アメリカの議員などとの面会を予定しているということです。

菅「日韓は厳しい状況 適切対応求める」

菅官房長官は午前の記者会見で、日韓議員連盟の会長を務める自民党の額賀 元財務大臣がソウルでイ・ナギョン(李洛淵)首相と会談したことについて「個別の議員外交の見通しをコメントするのは控えたいが、いずれにしろ現在の日韓関係は厳しい状況にあり、わが国としての一貫した立場に基づいて韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と述べました。

また、菅官房長官は今週ドイツのミュンヘンで開催される国際会議にあわせて日韓外相会談が行われる可能性について「河野外務大臣の会議への出席は政府として可能なかぎり実現したいと思っているが、国会日程などを踏まえる必要があり、現時点で何も決まっていない」と述べました。