マリナーズ 菊池キャンプ入り 1年目のシーズンスタート

マリナーズ 菊池キャンプ入り 1年目のシーズンスタート
プロ野球 西武から大リーグのマリナーズに移籍した菊池雄星投手が12日、アリゾナ州でキャンプに入り、1年目のシーズンをスタートさせました。
マリナーズは12日からアリゾナ州ピオリアでピッチャーとキャッチャーのキャンプが始まり、菊池投手は背番号「18」のキャンプ用のユニフォームを着てグラウンドに出てきました。

菊池選手はウォーミングアップやキャッチボールのあとに守備練習に取り組み、ピッチャーゴロやバントへの対応を確認していました。

キャンプ初日の全体練習は1時間余りで、菊池投手はこのあとウエイトトレーニングを行って初日を終えました。

菊池投手は「すごく楽しみにしていました。練習時間が短いとは聞いていましたが、『もう終わるんだ』と思いました。だからこそ、自分自身で考えながら練習を行っていくことが求められるので楽しみの一つです」と感想を話しました。

また、キャンプ2日目の13日に、ブルペンに入って投球練習を行うことについては「はじめて受けてもらうキャッチャーばかりなのでコミュニュケーションを取りながら投げたい。オフシーズンにやってきたことをしっかり出したい」と話していました。

マリナーズは今月16日から野手のキャンプも始まり、イチロー選手が合流する予定です。

オープン戦は今月21日から始まり、来月20日に東京で開幕戦を迎えます。