中国 死亡のウイグル族詩人の映像公開 トルコの批判に反論

中国 死亡のウイグル族詩人の映像公開 トルコの批判に反論
トルコ政府が、中国で収監されているウイグル族の詩人が死亡したとして、中国政府を厳しく批判する声明を出したことについて、中国側は国営メディアを通じて、この詩人とされる男性の映像を公開するなどして強く反論しました。
トルコ外務省は9日、中国で収監されていてトルコでも知られるウイグル族の詩人、アブドゥレヒム・ヘイット氏が死亡したとして声明を出し、ウイグル族に対する組織的な同化政策は「人類にとって大きな恥だ」などと中国政府を厳しく批判しました。

これについて、国営の中国国際放送局は11日までに、トルコ語のホームページ上で、ヘイット氏とされる男性の映像を公開しました。映像は10日に撮影されたとしていて英語の字幕がつけられ、男性が「健康状態はよい」などと話している様子が確認できます。

中国外務省の華春瑩報道官は11日の記者会見でこの映像に言及し、「トルコ側は生きている人物を死んでいるとする、でたらめに基づいて、根拠のない非難をしている」と強く反論しました。

さらに華報道官は、国際社会から懸念が出ているウイグル族に対する政策について、テロ対策などにおいて成果を上げているとしたうえで、「地域の人々の安全や幸せに対する実感は大きく向上している」と述べ、改めて正当化しました。