阪神 新外国人マルテが期待に応える

阪神 新外国人マルテが期待に応える
プロ野球 阪神の沖縄キャンプは11日、2回目の紅白戦が行われ、中軸候補と期待されている新外国人のマルテ選手がツーランホームランを含む2安打3打点の活躍で、首脳陣やファンの期待に応えました。
阪神の中軸候補と期待されている新外国人のマルテ選手は、大リーグ通算4年で30本のホームランを打った長打力が持ち味で、初めての実戦となる11日の紅白戦には「5番・ファースト」で出場しました。

1回の第1打席は2アウト三塁の場面で、小野泰己投手のストレートをレフト方向に弾き返し、ツーランホームランを打ちました。

さらに2アウト一塁二塁で迎えた2回の第2打席では、センターにタイムリーヒットを打ちました。

2打席を終えて交代したマルテ選手はこの試合、ツーランホームランを含む2安打3打点の活躍で、首脳陣やファンの期待に応えました。

マルテ選手は「ホームランの打席は、自分のゾーンに来たボールをしっかりとらえることができた。トレーニングを積めていい状態で来ているのでこのままの調子でいきたい」と話していました。

矢野監督は「2打席目もしっかりセンターにヒットを打てていたし、初めての実戦で内容のあるバッティングができていて頼もしく思う」と話していました。