イラン大統領 「革命から40年 偉大で軍事力強大に」

イラン大統領 「革命から40年 偉大で軍事力強大に」
k10011811261_201902111925_201902111926.mp4
イランで、親米の王政を打倒したイスラム革命から40年を迎え、ロウハニ大統領は演説で「イランは比較にならないほどとても強く、偉大になった。軍事力は敵国にとって驚くべきほど強大だ」と述べたうえで、対立するアメリカなどをけん制しました。
イランでは11日、親米のパーレビ王政を打倒したイスラム革命から40年の節目を迎え、首都テヘランで記念式典が開かれ、大勢の支持者が集まりました。

この中で、ロウハニ大統領は「イランは40年前とは比較にならないほどとても強く、偉大になった。われわれがミサイル開発などを進めるのに他国の許可をとる必要はない。イランの軍事力は敵国にとって驚くべきほど強大になっている」と述べ、反米のスローガンを掲げ、40年間にわたってイスラム体制を維持してきた成果を強調しました。

そのうえで、アメリカのトランプ政権がイランへの経済制裁を強化していることに対し、「われわれは心理戦を戦っており、国民は結束して戦わねばならない。アメリカはさまざまな制裁をかけていたが、それは失敗に終わった」と述べ、制裁の圧力に屈しないとしてアメリカをけん制しました。

イランでは、アメリカの制裁で国内の経済が大きく落ち込み、およそ1年前には経済への不満に端を発した抗議デモが全土に広がる事態となり、イラン指導部は革命から40年を迎える中で、国内外の課題にどう対応していくのか節目を迎えています。