韓国 最高裁の前長官を起訴 「徴用」裁判に介入したとして

韓国 最高裁の前長官を起訴 「徴用」裁判に介入したとして
韓国で、最高裁判所の前の長官が「徴用」をめぐる裁判が日本との関係に悪影響を与えると懸念したパク・クネ(朴槿恵)前政権の意向を受け、裁判に不当に介入したとして、職権乱用などの罪で11日、起訴されました。
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる裁判では、韓国で去年10月以降、日本企業に賠償を命じる判決が相次いで確定していて、日韓関係は悪化の一途をたどっています。

一連の裁判に関しては、パク・クネ前政権が日本との関係に悪影響を与えると懸念し、そうした意向を受けて、最高裁判所のヤン・スンテ(梁承泰)前長官が裁判に不当に介入したとされていて、ヤン被告は11日、職権乱用などの罪で起訴されました。

検察によりますと、ヤン前長官は、大統領府と外務省の考え方に基づいて日本企業に賠償責任を認める判決の外交的、国際法的な問題点を強調し、裁判を遅らせる方法などに関する書類をつくるよう指示したということです。
韓国で最高裁長官経験者の起訴は初めてです。

ヤン前長官は「徴用」の裁判への介入以外にも、司法行政に批判的とされる裁判官たちに関する情報を集め、人事に不当に介入したとされるなど、合わせて47もの行為が罪に問われていますが、いずれも否認しているということです。

「徴用」の裁判に関連して、ムン・ジェイン(文在寅)大統領は先月、「捜査の状況が整理されるのを見守る」と述べていて、ヤン前長官の起訴を受けて、何らかの立場を示すことになるのか注目されます。