各地 大雪のおそれなくなるも 路面凍結に注意を

各地 大雪のおそれなくなるも 路面凍結に注意を
上空の寒気や低気圧の影響で、関東や中国地方などの平野部でも雪が降り、積雪となりました。大雪のおそれはなくなりましたが、12日にかけて気温の低い状態が続く見込みで、路面の凍結による交通への影響などに注意が必要です。
気象庁によりますと、上空の寒気と気圧の谷の影響で、関東では11日明け方から千葉県や茨城県を中心に断続的に雪が降り、千葉市では積雪が一時、5センチに達しました。

また、本州の南にある低気圧と寒気の影響で、中国地方や近畿の平野部でも雪が降り、岡山市では一時、3センチの積雪を観測しました。

雪を降らせた雲は次第に遠ざかり、各地の大雪のおそれはなくなりましたが、日本海にある別の低気圧が近づくため東北の日本海側や甲信地方などで11日夜から雪が降る見込みです。

また12日にかけて気温の低い状態が続く見込みで、12日朝の最低気温は、▽長野市と山形市で氷点下2度、
▽水戸市で氷点下1度、
▽岡山市で0度などと予想されています。

気象庁は、積雪や路面の凍結による交通への影響や、歩行中の転倒などに注意するよう呼びかけています。

千葉県内で3人けが

千葉県内では雪の影響とみられる転倒や交通事故で3人がけがをしました。

千葉県が午後5時現在でまとめたところによりますと県内では、旭市や多古町、それに千葉市でそれぞれ1人ずつ、合わせて3人がけがをしたということです。

このうち旭市の市道では、午前6時半ごろ、小型バイクで新聞配達をしていた60代の女性が雪にタイヤをとられて転倒し、右腕の骨を折ったとみられるということです。

多古町の国道では午前6時すぎ、50代の男性が乗用車を運転中にスリップし、車外に出て状況を確認していたところに別の乗用車が接触し、男性はけがをしましたが、命に別状はないということです。

また千葉市若葉区の県道では、午前6時半ごろ、軽乗用車が凍結した路面でスリップしてセンターラインをはみ出し、対向して走ってきた乗用車に衝突しました。
この事故で、乗用車を運転していた40代の男性が軽いけがをしたということです。