米大統領選 民主党の女性議員が相次ぎ立候補表明

米大統領選 民主党の女性議員が相次ぎ立候補表明
来年のアメリカ大統領選挙に向けて野党・民主党では、新たにクロブシャー上院議員が立候補を表明するなど女性が相次いで立候補していて、女性初の大統領を目指す争いが今後、激しくなりそうです。
野党・民主党のエーミー・クロブシャー上院議員は10日、地元の中西部ミネソタ州で、雪が降りしきる中、屋外で集会を開き、来年の大統領選挙に向けた民主党の候補者選びに立候補すると表明しました。

この中でクロブシャー議員は「政府閉鎖も党派対立もうんざりだ。混乱によって国が統治されるべきではない」と述べ、トランプ政権を批判するとともに、トランプ大統領が脱退を表明した地球温暖化対策の枠組み、「パリ協定」への復帰を約束しました。

民主党の候補者選びは、初戦となるアイオワ州の党員集会まであと1年となる中、ウォーレン上院議員やハリス上院議員、それにギャバード下院議員など、女性が相次いで立候補を表明していて、女性初の大統領を目指す争いは、今後、激しくなりそうです。

一方で、女性議員たちは知名度が課題で、これまでの世論調査では、立候補の可能性が取り沙汰されているバイデン前副大統領や、前回の大統領選挙で旋風を巻き起こしたサンダース上院議員を大統領候補として支持する声が多く、今後、こうした有力政治家が立候補するのかどうかが注目されています。

トランプ大統領 立候補表明の女性議員からかう

トランプ大統領は、クロブシャー上院議員が立候補を表明したあと、ツイッターに「クロブシャー氏は、地球温暖化と闘うと誇らしげに語ったが、大雪が降る氷点下の中だった。タイミングが悪い」と書き込み、パリ協定への復帰を公約に掲げたクロブシャー氏をからかいました。

トランプ大統領は、前日もウォーレン上院議員が立候補を表明したのを受けてツイッターに「『ポカホンタス』のウォーレン氏が選挙戦に加わった」などと書き込み、自分の祖先はアメリカ先住民だと主張していたウォーレン氏をやゆする投稿をしています。