今平が33位 松山英樹は51位 米男子ゴルフ

今平が33位 松山英樹は51位 米男子ゴルフ
男子ゴルフのアメリカツアーの大会は13日、ハワイで最終ラウンドが行われ、今平周吾選手が33位、ことし初戦として臨んだ松山英樹選手は51位でした。
27位でスタートした今平選手は6つのバーディーを奪う一方で、ボギー3つ、ダブルボギー1つとスコアを伸ばし切れず、通算8アンダーの33位でした。

今平選手は「結構バーディーが取れてよかった。まだまだアメリカでやるには力が足りない。見つけた課題を生かしていきたい」と話しました。

また、18位でスタートした松山選手は、パットが不調でいきなり連続ボギーをたたくなど最終ラウンドはバーディー2つ、ボギー5つで、スコアを3つ落とし、通算6アンダーでことし初戦は51位に終わりました。

松山選手は「自分のゴルフができなかった。いいところもあったので次に向けて作り上げていく」と話していました。

このほかの日本勢は、稲森佑貴選手が通算4アンダーの64位。星野陸也選手が通算2アンダーの67位でした。

アメリカのマット・クーチャー選手が第2ラウンドからの首位を守り、通算22アンダーで今シーズン2勝目、ツアー通算9勝目を挙げました。