テニス全豪オープン開幕 錦織 大坂が会場で前日練習

テニス全豪オープン開幕 錦織 大坂が会場で前日練習
テニスの全豪オープンが14日オーストラリアで開幕し、初戦を15日に控えた錦織圭選手と大坂なおみ選手が会場内にあるコートで調整を行い、ともに調子のよさを伺わせました。
四大大会の今シーズン第1戦となる全豪オープンは、オーストラリアのメルボルンで14日開幕しました。

世界ランキング9位の錦織選手は、15日の初戦を前に、世界23位、スペインのパブロ・カレーニョブスタ選手と1時間半余り練習しました。

大勢のファンが見守る中、錦織選手は実戦形式の練習を行い、相手の強力なサーブに対してバックハンドの深いリターンを決める一方、ラリーでは軽快なフットワークで粘り強くボールを拾うなど順調な仕上がりを見せていました。

錦織選手は15日の1回戦で、予選を勝ち上がってきた世界176位、ポーランドのカミル・マイフシャック選手と対戦します。

世界4位の大坂選手は、サーシャ・バジンコーチなどと練習し、前日までよりもショットの威力をあげた力強いラリーを見せたほか、トスのあげかたを丁寧に確認しながら鋭いサーブを決めて集まったファンを沸かせ、調子のよさを伺わせました。

大坂選手は15日の1回戦で、世界80位、ポーランドのマグダ・リネッテ選手と対戦します。